先乗り投資法で目指せるアーリーリタイア

先乗り投資法で目指せるアーリーリタイア

私は元々、老後の資金が不安で株式投資に興味を持ったのですが、今ではおかげさまで大きな経済的余裕を持つに至りました。

仕事を辞めて、好きなタイミングでトレードしつつ稼ぐ今の生活は、最近流行りのアーリーリタイアとも言えるでしょう。

本節では、そんなアーリーリタイアに至る道について、先乗り投資法を用いてどのように実現すべきかお話したいと思います。

先乗り投資法公式HP

アーリーリタイアを目指す人は増えている

アーリーリタイアを目指す人は年々増えており、驚くべきことに、最初からアーリーリタイアを見据えて就活する若者もいるのだとか。

これも時代が生み出した思想の1つなのでしょうか、今では真面目で勤勉に働く若者は、殆どいないようです。

一体なぜ、このようなムーブメントが起きているのかといえば、どうやらその理由は、仕事と娯楽の多様性から生まれたという考えが一般的です。

少し前までは、仕事こそが生き甲斐であり、24時間働くモーレツ社員こそが幅を利かせる時代でありました。

しかし今では働き方なんて無数に存在しますし、スキルさえあれば、好きな場所で好きなように稼ぐことができます。

また残業で時間を潰したり、同僚と飲みに行ったりするよりも遥かに楽しい、ネットフリックスやゲームコンテンツなど、時間を溶かせる娯楽が尽きることはありません。

だとしたら嫌々会社で働くよりも、早々とリタイアして、自分でまったりと働き、趣味や娯楽を追求する生き方が広がっても不思議では無いということです。

アーリーリタイアに投資は必須

現実問題として、アーリーリタイアは簡単ではありません。

一生を賄える分の現金を用意するか、キャッシュフローを生み出す資産が必要になるからです。

前者の場合、サラリーマンの生涯年収に匹敵する2~3億円が必要になるわけですが、これを「アーリー」と呼ばれる時期に用意できる人は、ほぼいないでしょう。

残る手段としては、定期的にお金を生み出してくれる資産を持つことになりますが、これはスキルとマインドを磨けば難しい話ではありません。

事実としてSNS上では、若年期からでもアーリーリタイアを達成した人が存在し、彼らは一様に株式やETF、FX自動売買など、何かしらの投資・資産運用を実践しています。

また私から経験者としての意見をお伝えすると、株式投資とアーリーリタイアの相性は抜群に思えます。

なぜそう言えるのかと言えば、株式投資は時間をかけて堅実に利益を積み上げるものであり、そしてアーリーリタイアしてしまえば時間は掃いて捨てるほど持っているからです。

おそらくこの説明だけではピンとこないと思いますので、具体的にどのように運用すればいいのか、その方法を次節で紹介いたしましょう。

先乗り投資法でアーリーリタイアを目指す方法

先乗り投資法を学び、源太指数を使いこなすことができれば、これから伸びてくるであろう成長株をマニュアル的に割り出すことができます。

ここで注意しなければならないのは、「絶対」と「確実」はないということです。

そのため、成長株の候補をいくつか算出し、投資金を分散させて、期待値トータルで徐々に資産を増やしていくのです。

そして得た利益については当然複利で再投資するわけですが、成長株の発掘ではなく、配当金が魅力な銘柄に投じていきます。

トヨタ・JT・任天堂など既に広く知れ渡った、超がつくほどの安定企業の配当金を狙って、どんどん投資額を積み上げていけば、そのうち配当金だけで生活が賄えるようになってくるでしょう。

つまり、先乗り投資法は作業的に利益を稼ぐものと割り切り、得た利益はどんどんキャッユフローを生み出す金融商品に投じていくという感じですね。

そこまで至るには時間がかかるかもしれませんが、先乗り投資法で投資スキルを磨けば、さっさとアーリーリタイアできると思いますよ。

本当にそんなに簡単にいくのかと、疑問に思われるかもしれませんが、先乗り投資法によって数十人以上億万長者が誕生しているのは紛れも無い事実であり、私もその中の一人に過ぎないわけであります。

アーリーリタイアで自由な1日を楽しめる

アーリーリタイアを達成した、私の1日を紹介しましょう。

とはいえ、1日のルーティンが決まっているわけでもなく、好きな時間に起きて好きな時間に寝ることができる生活です。

ただ1つ意識しているのは、組織に所属していないので生活が不規則になりがちですが、株式市場が開く9:00〜15:00は集中できるよう調整を行うことです。

それ以外の時間は、翌日以降の市場を予測したり、銘柄の分析をするわけですが、そこまで時間がかかるわけではありません。

というわけで、ほとんどが自由時間になってしまい、最近はもっぱらネットフリックスで時間を潰しています。

朝起きてから、今日1日は何をして過ごそうかな…とワクワクしながら予定を立てれる幸せを、ぜひ先乗り投資法によって味わってみてはいかがでしょうか。

先乗り投資法公式HP
先乗り投資法公式HPへ TOPページを見る